この松は近所のお寺の敷地内に自然に生えてきて、二股に分かれて珍しいけどだんだん弱ってきた赤松だからなんとか枯らさないで生かしたいという住職の希望を聞き入れて、一度整理してあげました。

しかし、数年間は管理をしておりましたが、元々樹木には全く興味がなく、費用が掛かることから管理をお願いされなくなりました。

それから5年以上はたってい折ると思いますが、お墓参りにくる方にとってその松は邪魔者。その場所は駐車場に利用されているのです。

伐採した方が住職のためにも檀家さんのためにも良いと思うのですが・・・

管理されない松はただの雑木

この松は5年以上管理されていないので問題外ですが、私は4年以上管理も剪定をしない松はただの雑木であると考えております。

それはなんでか?

それは、4年も放っておくと太い枝が伸びてしまい、樹形がもう元には戻らないし、枯れ枝も枯れ葉も多くなり、必要なところに必要な枝葉がな状態がほとんどです。

そんな松はもはや雑木ですよね。

これはそのよい例です。

何となく自然に育っている山にあるような松の雑木。

もはや何の価値も見当たらないない雑木でしかないです。

これをどうにかしろと言われてもどうしようもなく、枯葉を取って整理すると枝だけになってしまうんです。

5年以上前に一度、このような状態からある程度整理したことはあるんですよ!

枝が伸びた状態から整理した時の状態

整理した状態でも、何もしないで数年が経つと、葉が増えてうっとうしい状態になります。

さらに、この状態をを放っておくと、このように枝が伸びても、葉は少なくなる状態になるんです。

間延びした枝は貧弱な枝になるだけ

管理をしないでいると、間延びした枝の貧弱さだけが目立つようになります。山に生えている松の枝がこのような感じではないですか。これが本来の松の自然な状態なので、松にとってはストレスの起こらない生き方なのです。

上の写真で一番下の枝を部分的に見てみます。1年一節伸びるのですが、どの部分なのかわかりますか?「中心の枝から脇に生えているところ」から「次に枝が脇に生えているところ」までの間なのですが。わかりますか?

一番先端部分は葉っぱが緑で元気がよいように見えますね。そして、次の節間である前年の葉っぱは黄色く変色しているのがわかりますか?その次の前々年の節間には、葉っぱは枯れ落ちてなくなっていることがわかるかと思います。

このようにならないために、どのようにしたらよいのかというと、松は枝の先端に向って伸びるので、それをさせないように、できるだけ枝の元部分で枝葉や芽を短く切って仕上げていかないと樹形は維持できなくなっていきます。

これは、問題外です。

ここまで伸び切ってしまうと、樹形のことは忘れて、一度枝を整理した方がよいですが、太い枝をバッサバッサと切りすぎると枯れてしまうし、時期によっても太い枝を強く切る剪定をすると枯れてしまいます。

こうなる前に、毎年手をかけてあげて、何とかしないといけませんけどね。