松のミドリつみ(新芽つみ)はどのような作業を行なうか

松は、4月下旬ころから5月下旬頃の間に、前年に伸びた松の枝先やその根元あたりから棒状になったものがおひさまに向って伸びていき、なにやら成長を感じる動きが見られます。

これが、松の新芽(ミドリ)と呼ばれるものです。

ここでは、この新芽を摘む作業(ミドリつみ)について、どのように行なえばよいのかお伝えします。

松の新芽の長さが枝で一定でない理由

4月下旬ころから5月下旬頃、突然伸びてくる松の新芽!

この棒状で突然伸びてきた松の新芽を今まで意識されていない方にとって、これが何なの理解できないようで「何だか不思議なものが現れてきた!」と感じられるみたいです。

でも、これを放っておくと、1年でとんでもなく太く長く伸びていき樹形を乱すことになることがあるのです。

そのために、この新芽を人の手を使って手間暇かけて間引いてやったり、長さを調節して樹形が整うようにする必要が出てきます。

しかし、松の本体の樹勢が強いのもや、枝によっても樹勢が強かったり弱かったり、日の当たり方などによっても、新芽は長さや本数などに差が生じる部分が出てくるので、その辺を見極める必要もあります。

松のミドリつみはどのような作業をする?

新しく出てくる新芽は1本ごとに樹勢に違いがあるので、伸びやすい新芽や伸びにくい新芽があるんです。

松の樹形を整えるためには、新芽の長さを調節してやらないと一部分だけ突出した部分ができたりするために、後々のことを考えて新芽の長さを揃える作業がでてきます。

ミドリつみは、樹形を整えるために、樹勢によって伸びる新芽の長さを調節する作業のことです。

通常は1本の枝から3本の新芽が伸びて、このままでは樹勢の強い枝数が多くなったり樹形が悪くなる可能性があります。特に真ん中の1本は3本のうち一番長いので、間引くためにはこの真ん中の新芽を減らしてやるとよいです。

通常は3本のうち真ん中を切ればよいのです。ただ、残った2本の新芽も勢いがよく長く伸びている場合は、周りの樹形に揃うような長さに調整すればよいです。

真ん中を減らしたとしても、樹勢の強さによってはほかの2本にも手を加えないといけない場合があり、その場合は、2本のうち短い新芽はそのままにしておいて、もう1本の長くなった新芽の長さを調節するように折る(切る)と良いです。

ミドリつみは手作業なので時間がかかるのですが、面倒だというのであれば、一度3本の真ん中を切ってそのあとに、刈り込みバサミを使って、全体的に均等にバッサリと刈って長さを揃えると短時間で済みます。

必ず時間をかけてミドリつみをする必要はないのですが、技術力を上げたいというのであれば、手間暇かけて1本づつ作業してみるとよいでしょう。ミドリつみの作業では、松の樹勢や枝振りなどを観察しながら、将来的な姿を構想して新芽を摘む長さを調節できる楽しさがあります。

ミドリつみをしないと松はどうなってしまうのか?

松のミドリつみの作業は年に1回、適した時期に行なったほうがよいです。

なぜかというと、松は新芽を放っておくとどんどん枝葉が伸びていきます。数年も放っておいた場合その枝は太く長くなっていき、樹形が崩れて手が付けられなくなる可能性が高いからです。

たとえば、松の新芽は樹勢が強いほど強く伸び、年に1mも枝が伸びることもあります。

松はミドリつみをしないで新芽を放っておくとどんどん枝葉が伸びていき、樹形が崩れて手が付けられなくなります。それだけではなく、樹勢が強いということは枝葉が増えて密集する場所が出てきて、その分だけ枯れ葉がそこにたくさん溜まるようになります。

するとその部分には日が当たらなくなり、樹勢が弱くなり、せっかく新芽が出ても枯れてしまい、そのような部分が増えると、新芽が作られない枝に変わり、山に生えているような雑木松と化してしまいます。

最近では、そのような管理や整理されていない庭の松の木にマツクイムシが発生する被害が増えており、やむなく伐採するお宅が多いようです。

樹形を崩したくなく、枯らしたくない大事な松であれば、人が手間暇かけてミドリつみをして、新芽の伸びを調節する必要があるのです。

松のミドリつみはいつ行ったらよいか?

地域によって4月頃から5月下旬ころ、前年に伸びた松の枝先に萌芽した新芽は一つの枝先に数本ずつ棒状になって伸びます。

新芽が伸び出してきた当初は、初めは開いておらず棒状のままです。みどりが伸びきるとしだいに開いてきて針状の葉っぱがでてきます。

4月頃から時間を追うごとに伸び始めた新芽が5~10cmほどになるので、その先端1/3~1/2ほどを指先でポクポク折り、新芽が開く前に摘み取って生長をおさえるミドリつみの作業をします。

「ミドリつみ(新芽つみ)」を行なう時期は、地域によっても違いがありますので、松の新芽の状態を確認して作業していただきたいです。ミドリつみを行なう期間は2週間くらいしかありませんので、それを見極める必要があります。

では、この作業を行うベストな時期はいつが良いと思いますか?

地域によって違いがあるので、何月何日とは申しにくいのですが、具体的には、どのような状態の時に行なうのがベストなのかというと、

松のミドリつみを行なう時期は、新芽がビュンと伸びたころがよく、
新芽が手で簡単に折れるほど柔らかい頃がちょうどよい時期です。

ちなみに北国岩手では、5月末ころが気持ちよく折れる一番良い時期です。岩手よりも南の地域は、1か月くらい早い5月のゴールデンウイーク前後の頃がミドリつみの適期かもしれませんので、松の新芽の状態を確認して作業していただきたいです。

おそらく、「少し伸びてきたなぁ!」と気にされた時が適期だと思います。

「伸びたなぁ!」と思った時、その時期を逃してしまうと新芽が固くなり手では簡単に折れなくなってしまうので、はさみを使って切らないといけなくなります。

手で折れなくてその時期を逃したとしても大丈夫!3本の新芽のうちで一番長く伸びている真ん中を切っておけば良いです。最悪の場合はハサミがあるのであまり神経質に気にされなくてもよいと思います。

松のミドリつみのまとめ

ミドリつみの作業は、何も難しいことはありません。伸びた新芽をポクポクと折る作業と、長さを調節するだけなので、要領さえわかれば子供にでもできます。

お得意様から聞いた話だと、昔は小学校から帰ってきた子供がやっていたようで、父親に折る場所を長い竹で指示されて嫌々作業していたそうです。

大きな松ほど新芽を折る本数が多いので面倒に感じるかもしれませんが、新芽が柔らかいほど面白いようにポクポクと折れるので、その快感はクセになるかもしれませんよ。

松の種類によっても違いがあり、クロマツは樹勢が強いので新芽を短く残し、樹勢のおだやかなアカマツは長めに残しておくと良いようです。

「ミドリつみ」では、通常は新芽がひとつの細枝に3本出るので、数と長さを整理して2本程度に残すとよく、新芽の数を減らして葉の量を減らすことで、樹形を整えることや成長を抑制することができます。

弱い枝や伸ばしたい方向にある新芽は長く残すか、摘まないで残すようにします。

樹形がすでに整っている松で、その姿を変えず一定に保ちたい時は、新芽の長さを平均的に揃えながら摘むとよいです。